シェントプ・トルコ大国民議会議長、アゼルバイジャン訪問へ

トルコ大国民議会のムスタファ・シェントプ議長と同行の議会代表団が10月18-20日にアゼルバイジャンを訪問する。

1510550
シェントプ・トルコ大国民議会議長、アゼルバイジャン訪問へ

 

トルコ大国民議会議長室から出された発表によると、シェントプ議長はアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領の招待者として同国を公式訪問する。

アゼルバイジャンの独立記念日である10月18日に会談を開始するシェントプ議長は、10月19日にアリエフ大統領を表敬する。同日公式会談を数多く行うシェントプ議長は、10月20日にアゼルバイジャン国民議会で演説する。

シェントプ議長は発言で、兄弟国アゼルバイジャンを2日間公式訪問すると明かして次のように述べた。

「バクーでの会談ではトルコの支援を伝え、アゼルバイジャンがいつどのような事柄で我々に支援を求めようと我々はすべきことを全て行う用意があることを再度述べる。1つの民族、2つの国家として苦痛も喜びも共有する。地域の平和、平穏、正義、国際法の原則の支配が我々の唯一の目標である」

 

(2020年10月16日)



注目ニュース