チャウショール外相がアゼルバイジャンについて発言、シリアに関してリンデ・スウェーデン外相に抗議

メヴリュト・チャウショール外務大臣が、アゼルバイジャンが下す決定を、会談と戦場の両方で、あらゆる条件で支持すると述べた。

1508339
チャウショール外相がアゼルバイジャンについて発言、シリアに関してリンデ・スウェーデン外相に抗議

チャウショール大臣は、トルコの首都アンカラを訪問したスウェーデンのアン・リンデ外務大臣とともに記者会見に臨んだ。

兄弟国のアゼルバイジャンを、国家としても国民としてもあらゆる条件で支持すると強調したチャウショール大臣は、問題の解決は、アルメニアがアゼルバイジャン領から撤退することであると述べた。

国際社会から上がる停戦の呼びかけに触れたチャウショール大臣は、

「停戦の呼びかけに加えてアルメニアに対しても、アゼルバイジャン領から撤退せよ、との呼びかけが行われれば、国際社会がこの問題を本当に解決しようとしていることがわかる」と語った。

トルコのテロとの闘いにおける越境作戦にも触れたチャウショール大臣は、トルコはクルド人とではなく、テロリストと戦っているのだと述べた。

トルコの目的はシリアを分断することではないと強調したチャウショール大臣は、シリアを分断しようとしているのは分離主義テロ組織PKKであり、PKKを支援している欧米の国々はダブルスタンダードであると述べた。

チャウショール大臣は、リンデ大臣のシリアに関する発言に抗議した。

チャウショール大臣は次のように語った。

「シリアから撤退するよう、トルコに警告すると(リンデ大臣は)言っている。私が尋ねたいのは、あなたは誰から権限を得てトルコのシリア撤退を要求しているのか、またはトルコに警告しているのかということだ。我々はシリアの分断を望まないが、あなた方はシリアを分断しようとしているPKKを支援するために、トルコに撤退せよと言っている。国際法上、そんなことがあるだろうか?トルコに対してイドリブから、またはDEASHが一掃された地域から撤退せよとは言っているか?言っていない。なぜか。トルコがイドリブから撤退すれば、さらに300万人の難民がトルコにやって来て、そこからEU諸国に行くからだ。では、ギリシャが国境やエーゲ海で移民を殺害し、そのボートを沈め、押し戻しているのに、これほど配慮があるのなら、人権についてなぜ一度でもギリシャを批判しないのか?移民は人間ではないのか?なぜか、ギリシャがヨーロッパに移民が来るのを防いでいるからだ」

リンデ大臣も、

「(ナゴルノ・カラバフ地域で)停戦合意が結ばれたにもかかわらず続いている軍事衝突を深く懸念している。(当事者に)この衝突を止め、合意に従うよう、呼びかける」と語った。

 

(2020年10月13日)



注目ニュース