【ジャマル・カショギさん殺害】 惨殺された現場の映像、公開

アメリカの新聞『ワシントン・ポスト』のコラムニストでサウジアラビア国籍のジャーナリスト、ジャマル・カショギさんが殺害された現場の映像が、メディアを通じて公開された。

1502319
【ジャマル・カショギさん殺害】 惨殺された現場の映像、公開

 


 

アメリカの新聞『ワシントン・ポスト』のコラムニストでサウジアラビア国籍のジャーナリスト、ジャマル・カショギさんは、「2018年10月2日、婚姻手続きのために訪れたイスタンブールにあるサウジアラビア総領事館の中に入った後、行方がわからなくなった」として、世界中で大きなニュースとなったが、その後、サウジアラビア総領事館に入ったその日に総領事館内の建物の中で惨殺されていたことが判明した。

 

惨殺されてから2年後、その現場の映像がメディアを通じて公開された。

 

 

この映像は、カショギさんがサウジアラビアから来た15人の暗殺チームに惨殺された場所で警察の現場検証スタッフが行った活動を追ったものである。

 

惨殺後、清掃スタッフが周りをきれいにしたにも関わらず、警察の現場検証スタッフが行ったルミノール反応検査で、惨殺のいくつかの跡が浮き出た映像を見ることができる。

 

惨殺後、クリニーング屋に出された絨毯につけられたクリーニング屋のタグや、建物の中でペンキ塗りをした職人の服も、映像の中で公開された。

 

このほか、総領事館内にあるものの、捜査の許可が下りず、水のサンプルだけが採取された井戸やパン焼きがまの映像もある。

 

 

 

 

 

 

(2020年10月4日 日曜日)

 

 

 



注目ニュース