アリエフ・アゼルバイジャン大統領 「トルコは当事者ではない」

アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は、トルコはアルメニアとの軍事衝突で当事者ではなく、自分達に士気と支持を提供しているだけであると述べた。

1499845
アリエフ・アゼルバイジャン大統領 「トルコは当事者ではない」

 

ロシアの国営放送ロシア24に語ったアリエフ大統領は、アルメニアがアゼルバイジャンを攻撃した結果ナゴルノ・カラバフで高まる緊張に関して発言した。

アルメニアの攻撃でアゼルバイジャンの兵士や民間人が殺害されたと指摘したアリエフ大統領は、

「自国民と領土を守るために攻撃的な国に必要な対応をせざるを得なかった」と話した。

アリエフ大統領は、トルコはアゼルバイジャンとアルメニア間で発生しているナゴルノ・カラバフでの軍事衝突の当事者ではないと語り、

「トルコの役割は地域の状況を安定させる方向にある。トルコは兄弟国であり、同盟国である。軍事紛争が始まった瞬間、トルコ、(レジェプ・ターイプ・エルドアン)大統領、その他閣僚がアゼルバイジャンと国際法を支持した。なぜなら、アルメニアはアゼルバイジャンの領土を占領して乱暴に国際法に違反しているからである」と述べた。

 

(2020年9月30日)



注目ニュース