エルドアン大統領、地中海に関して演説

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコと北キプロス・トルコ共和国が正当に参加していない方程式から地中海の平和は生まれないと発言した。

1498994
エルドアン大統領、地中海に関して演説

 

エルドアン大統領はイスタンブール・ドルマバフチェ宮殿執務室で開催された「国際海上権及び東地中海シンポジウム」で演説した。

エルドアン大統領はトルコは地中海の沿岸国であると明かし、

「我々はここで歴史上ずっとそうであったように今日もゲストではなくオーナーである。地中海で行われるあらゆる試みや講じられる措置は、我が国の安全保障、権利、利益に直接影響する」と述べた。

トルコは地中海で緊張ではなく平和、協力、正当性、正義を支持していると述べたエルドアン大統領は、

「地中海でオスマン帝国の文明と平和の継承者である国民として我々はこの地域に平穏な環境を再構築する意向がある。地中海における問題は互いを排除するのではなく、地域の全関係国を同じ席に着かせることによって解決が可能である。トルコと北キプロス・トルコ共和国が正当に参加していない方程式から地中海の平和は生まれない。特に欧州連合(EU)は外交の機会を活かさなかっただけではなく、ギリシャとキプロス島ギリシャ側のわがままに屈した。さあ、皆一緒に地中海を再び平和のプールに変えよう。さあ、新たな敵意で地中海の澄んだ水を汚さないようにしよう」と話した。

 

(2017年9月28日)



注目ニュース