エルドアン大統領、ストルテンベルグNATO事務総長と電話会談

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長と電話で会談した。

1496440
エルドアン大統領、ストルテンベルグNATO事務総長と電話会談

 

大統領府通信局から出された声明によると、会談では東地中海における進展及びトルコ・NATO関係が考察された。

エルドアン大統領は会談で、トルコは東地中海問題で緊張の緩和と対話を支持していることを発言だけではなく行動によって明白な形で明示していると述べた。

ギリシャが緊張を高めたり挑発しているにもかかわらずトルコが慎重かつ冷静な姿勢をあきらめていないことを強調したエルドアン大統領は、現在発表された予備的協議の行く末はギリシャが雰囲気を和らげるために講じる措置にかかっていると述べた。

ストルテンベルグ事務総長が東地中海問題で明示した建設的な努力を称えると明かしたエルドアン大統領は、トルコは東地中海に関して当初からNATOの仲介プロセスを支持しており、歩み寄りがあることを心から期待すると明かした。

NATOにおける仲裁活動ではトルコとして極めて合意に近づいていると考えていると明かしたエルドアン大統領は、NATOの連帯及びこれに関連してトルコとの連帯は地域問題の解決において重要であると指摘した。

 

(2020年9月24日)



注目ニュース