キプロス島問題に関するグテーレス国連事務総長の発言にトルコから返答

トルコは、アントニオ・グテーレス国連事務総長のキプロス問題に関する発言に関してキプロス島の2当事者間に解決に向けた共通の土台やビジョンがないと表明した。

1492648
キプロス島問題に関するグテーレス国連事務総長の発言にトルコから返答

 

外務省のハミ・アクソイ報道官は、グテーレス事務総長がキプロス島問題の解決に関して行った発言に返答した。

グテーレス事務総長が来月実施される北キプロス・トルコ共和国大統領選挙後に開催されると語った5+国連(キプロス島トルコ側とギリシャ側、保証国のトルコ、ギリシャ、イギリス及び国連)会合はトルコから見て新たな交渉という意味になると強調したアクソイ報道官は、

「キプロス島の2当事者間に解決に向けた共通の土台やビジョンはない。過去の全交渉プロセスは、キプロス島ギリシャ側がキプロス島でのパートナーシップの要件である政治的平等を認めず、政治的平等を具体的に充足していないことにより不成功に終わっている。この背後にはキプロス島ギリシャ側が政権も天然資源もキプロス島トルコ側と平等に共有したくないことが潜んでいる」と述べた。

キプロス島に築かれるパートナーシップに対してキプロス島ギリシャ側が政治的平等を認める必要があると強調したアクソイ報道官は、

「これができないならば、2当事者が主権の平等に基づいた二国家解決に向けて新たな交渉プロセスを開始する必要がある。我が国が昨年(2019年)提案した非公式5+国連会合開催の考えは、これら問題を明確にすることを目的としている。さもなければトルコは以前何度も表明したようにあいまいな土台で過去に失敗した方法による新たな交渉プロセスには参加しない」と述べた。

 

(2020年9月17日)



注目ニュース