【東地中海】 トルコ、欧州議会決議に反発

トルコは、欧州議会総会で採択された事実から程遠い2020年9月17日付の推奨決議は数多くの面で容認しがたいことを表明した。

1492953
【東地中海】 トルコ、欧州議会決議に反発

 

外務省は欧州議会がトルコに関して採択した推奨決議に関し、

「欧州議会総会で欧州連合(EU)加盟国の連帯のためだけに、そして一部加盟国の自分勝手な利益追求に奉仕する目的のためだけに採択された事実から程遠い2020年9月17日付の推奨決議は数多くの面で容認しがたい」と表明した。

同省から出された声明では欧州議会が昨日(9月17日)トルコに関連して採択した推奨決議に言及され、

「我々が加盟国及び欧州議会を含めた全EU機関とあらゆるレベルで行った試みにもかかわらずこのような偏見のある推奨決議が採択されたことは、善意や常識と両立しない」と見解が述べられた。

欧州議会の姿勢が「偏見があり不公平」であると批判された声明では、

「欧州議会はこの偏見のある不公平な姿勢及び権限のない海上法における無効で一方的な見解により評価を落としている」と述べられた。

EU機関や欧州議会に国家間の論争の的である問題で公正であるよう呼びかけられた声明では、「欧州議会にもEUにもEU加盟国にも第三国の国境や管轄権を特定する権限はない。欧州議会やその他EU機関が解決や欧州の歩み寄りに関して誠実であるならば、促進し歩み寄る姿勢のみを披露し、候補国トルコに偏見のないアプローチを行い、諸国間の論争問題では公正さを支持すべきであり、誰かの肩を持ってはならない」と見解が述べられた。

トルコは自国に向けられた権利を認めない姿勢に対して善意を見せており、挑発的な行動に対しては常識あるアプローチを取っていると述べられた声明では、トルコは自国及び北キプロス・トルコ共和国の国際法に基づく利益も擁護し続けるとされた。

欧州議会総会では東地中海に関してトルコに容認しがたい提案を行う勧告が採択されている。

 

(2020年9月18日)



注目ニュース