オクタイ副大統領がバクー解放102周年記念日を祝福

フアト・オクタイ副大統領が、アゼルバイジャンの首都バクーがアルメニアとボリシェヴィキのゲリラから解放されてから102周年目の記念日を祝福した。

1491253
オクタイ副大統領がバクー解放102周年記念日を祝福

オクタイ副大統領は、ソーシャルメディア上でメッセージをシェアし、

「バクーが敵の占領から解放されて102年が経った今日(9月15日)、ヌーリ・パシャ(ヌーリ・キルリギル)とカフカス・イスラム戦線の戦士たちを追悼する。我々は、昨日と同様、今日も、アゼルバイジャンと心を一つにしている」と語った。

 

(2020年9月15日)



注目ニュース