外務省がマクロン仏大統領に抗議

トルコ外務省が、対外政策における狡猾な計画がどれも水の泡となったフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、苦々しく思いながらトルコを攻撃していると述べた。

1488382
外務省がマクロン仏大統領に抗議

同省は、マクロン大統領の声明に抗議した。

同省から出された声明で、

「フランスのマクロン大統領は、またしてもかつての植民地主義者のように、傲慢な自惚れた態度で教訓を垂れようと声明を出した。実際は、マクロンの声明は、自分の無能さと無力さを表したものだ。なぜなら、全世界でフランスが自由に馬を走らせていた日は去ったからだ。我々がその対外政策における狡猾な計画をどれも水の泡にし、汚れたゲームを台無しにしたマクロンは、苦々しく思いながら毎日凝りもせずにトルコとエルドアン大統領を攻撃している」と述べられた。

エルドアン大統領は欧州で最高の得票率により選ばれたリーダーであると強調された声明で、

「エルドアン大統領は、自分の力をいつも国民から得てきた。トルコ国民と政府は、このような愚行に対し、いつも心を一つにしてきた。今後もそうし続ける」と述べられた。

地中海や他の地域でいずれかの国の排他的経済水域を定める権限はマクロン大統領にないと述べられた声明で、

「フランスは、一方的で挑発的な行為をし、自分の狭い視野の中で望んでいる私利のために欧州連合(EU)を人質にしているギリシャとキプロス島ギリシャ側を盲目的に擁護するのではなく、和解と対話を支持する姿勢を示すべきである。これは、欧州の国そして北大西洋条約機構(NATO)同盟国として我々が必要としていることである」と伝えられた。

マクロン大統領の個人的・自国第一主義的な今の姿勢は緊張を煽っており、欧州とEUの利益の大部分をもリスクにさらしていると指摘された声明で、

「東地中海に国境すらなく、地域で未だに植民地主義の認識を抱えて行動しているフランスが、地域におけるトルコのパートナーシップ、誠実さ、協力、人道的で画期的な対外政策を批判するというのは、全く相応でない。人々の支持が下がり続けているマクロンが抱える無能さを、フランス国民の評価にゆだねる」と伝えられた。

 

(2020年9月10日)



注目ニュース