トルコ、少数派の学校8校を閉鎖したギリシャに反発

ギリシャが少数派の学校8校を閉鎖したことに、トルコが反発した。

1471649
トルコ、少数派の学校8校を閉鎖したギリシャに反発

トルコ外務省のハミ・アクソイ報道官は、書面の声明を発表し、ギリシャは過去25年間で西トラキア地方のトルコ系少数派の小学校を、ギリシャにおける節約措置や生徒数の不足を口実に、少数派に相談することなく組織的に「暫定的停止」として閉鎖したことを指摘した。

その新たな事例が学校8校の閉鎖であると強調したアクソイ報道官は、この決定により、25年前に231校だったトルコ系少数派の小学校の数が115校に減ったことを伝えた。

ギリシャが組織的に人権を侵害していることを欧州連合(EU)も黙って見ていると述べたアクソイ報道官は、次のように話した。

「ギリシャのこの行為は、西トラキア地方のトルコ系少数派に向けて何十年間も続いている同化・弾圧政策の一端である。EUも、一加盟国で起きている組織的な人権侵害を黙って見ているだけだ」と語った。

トルコは西トラキア地方のトルコ系少数派団体が発表した声明を支持すると述べたアクソイ報道官は、

「国際社会と人権団体の目をこの件に向けさせる。西トラキア地方のトルコ系少数派の教育問題を解決するため、ギリシャ当局に対する我々の取り組みは、ローザンヌ条約が定めた相互主義をもとに敢然と続いていく」と語った。

 

(2020年8月12日)



注目ニュース