エルドアン大統領、3年前にPKKによって殺害されたエレン・ビュルビュルさんを追悼

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、分離主義テロ組織PKK要員のテロリストによって虐殺されたエレン・ビュルビュルさんの無念は晴らされたと明かし、

1471324
エルドアン大統領、3年前にPKKによって殺害されたエレン・ビュルビュルさんを追悼

 

「しかし苦痛はなお心の中にある」と述べた。

エルドアン大統領はツイッター(Twitter)のアカウントから、トラブゾン県マチカ区で2017年8月11日にテロ組織PKKのテロリストと急接近した際に殉国したビュルビュルさんに関して投稿した。

投稿で「いてくれてよかったエレン」と書かれたビュルビュルさんの写真も掲載したエルドアン大統領は次のように述べた。

「殉国の3年目にテロ組織PKKによって卑怯にも虐殺されたエレン君の無念は晴らされたが、苦痛はなお心の中にある。エレン・ビュルビュル君と共にこの祖国のためにちゅうちょせず命を捧げた全殉国者を慈愛と敬意をもって追悼する」

 

(2020年8月12日)



注目ニュース