トルコからレバノンに支援航空機が到着

トルコからレバノンに支援物資や職員を運ぶトルコ軍の航空機がレバノンの首都ベイルートに着陸した。

1467844
トルコからレバノンに支援航空機が到着

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領の指示によりトルコはベイルートで発生した爆発後に地域に医療物資や人道物資と共に捜索救助職員を送った。

保健省、災害緊急事態管理局(AFAD)、赤新月社によって準備された物資は、首都アンカラにあるエティメスグト軍用空港でA400M型軍用貨物機に積み込まれた。

地域には保健省から国立医療救急チーム職員21人、緊急対応ユニット2つ、職員滞在用テント3つ、医薬品や医療物資、災害緊急事態管理局からは職員10人、機器、救出車両1台、トルコ赤新月社からは職員3人、捜索救助チーム、医療及び人道支援物資が送られた。

ベイルート港では一昨日(8月4日)爆発性物質が保管されていた12番倉庫でまず火災が発生し、続いて首都全土を揺らした非常に強力な爆発が発生している。爆発後には多数が死亡及び負傷している。

 

(2020年8月6日)



注目ニュース