ゼーホーファー独内相、EU・トルコ間の移民合意について発言

ドイツのホルスト・ゼーホーファー内務大臣が、トルコとギリシャの国境にいる難民たちの動きに注意を促し、「欧州連合(EU)とトルコの間の合意を再び履行することが非常に重要である」と語った。

1460719
ゼーホーファー独内相、EU・トルコ間の移民合意について発言

オーストリアの首都ウィーンで、西バルカン諸国とEU諸国数か国の内務大臣、および欧州委員会のマルガリティス・シナス副委員長の出席により、「東地中海のルートにおける無秩序な移住との取り組み」というテーマの会議が開かれた。

ゼーホーファー大臣は、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行にもかかわらず、一日あたりの無秩序な移民の流れが増えていると述べ、この会議は適時に開かれたと語った。

ゼーホーファー大臣は、ギリシャとトルコの国境にいる難民たちの動きにも注意を促し、

「EUとトルコの間の合意を再び履行することが非常に重要である」と話した。

移住の元となっている国々との協力、経由国への支援、送還政策のほか、難民申請も重要な問題であると述べたゼーホーファー大臣は、難民申請がEU国境の外で行われ、誰が欧州に入れるか否かについて決定するプロセスがうまく機能しなければならないと語った。

 

(2020年7月23日)



注目ニュース