国家安全保障会議から声明が発表

国家安全保障会議は、国外のテロ組織対策を断固続けることを表明した。

1460206
国家安全保障会議から声明が発表

 

国家安全保障会議がレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領を議長として招集された。

会合後に公表された声明では、国外のテロ組織対策は国際法から生じる権利の枠組みで継続されると述べられた。

「アゼルバイジャン領を非合法に長年占領しているアルメニアの攻撃が厳しく非難された」声明では、アルメニアは攻撃的な姿勢をやめて占領中のアゼルバイジャン領から撤収すべきであり、トルコ国民は兄弟国アゼルバイジャンが正当な大義で下すあらゆる決断を擁護すると明かされた。

声明では、キプロス島の平和と安定した環境を損なう試みが断じて容認されないことも明らかにされ、声明では、キプロス島の平和と安定した環境を損なう試みが断じて容認されないことも明らかにされ、

「東地中海で国際法に基づく権利と利益の保護に関して断固たる決意が強調された」と述べられた。声明で、

「トルコは、あらゆる暴虐行為に対してリビア国民と共にあり続ける」と述べられたことが注意を引いた。

声明ではまた、世界で政治的及び経済的権力の秩序が再編プロセスに入ったことが強調され、この枠組みでトルコがあらゆる面で強力な準備をするために必要なメカニズムを構築することの重要性に焦点が当てられたことが伝えられた。

 

(2020年7月23日)



注目ニュース