トルコ、シリアへの人道支援継続を表明

トルコはシリアへ不断の支援を続けるために努力し続けることを表明した。

1454004
トルコ、シリアへの人道支援継続を表明

 

外務省から書面で出された声明では、国連安全保障理事会でロシアがトルコを経由してシリアへの人道支援輸送に2度拒否権を行使したあと、ジルヴェギョズ国境検問所からの支援を1年継続することに関して合意が得られたことが振り返られた。

「一方、(人道支援)メカニズムの重要な要素の1つを成すオンジュプナル/バブ・アル・サラマ国境検問所からの通過が今回国連安全保障理事会決議に掲載されたなかったことは不運なアプローチである」と述べられた声明では、この国境検問所からの通過がメカニズムから排除されたことはアレッポ地域の民間人130万人への人道支援が困難になり、トルコが背負う負担がさらに重くなると指摘された。

声明では次のように述べられた。

「これに鑑みてトルコは、シリアに対する国際人道支援活動の不断の継続に向けて努力し続け、上記の支援メカニズムで発生した変更がもたらす可能性があるさらなる試練に対処できるよう、国連や関連機関をはじめとする全関係者と調整及び協力して行動していく」

 

(2020年7月13日)



注目ニュース