【アヤソフィア】 露外務次官 「アヤソフィアに関する決定はトルコの内政問題」

ロシアのセルゲイ・ヴェルシーニン外務次官は、アヤソフィアをモスクとして礼拝できるようにする決定は「トルコの内政問題」であると明かし、これにロシアや他国が干渉すべきではないと発言した。

1454114
【アヤソフィア】 露外務次官 「アヤソフィアに関する決定はトルコの内政問題」

ヴェルシーニン次官は記者たちに発言してアヤソフィアをモスクとして礼拝できるようにする決定に見解を述べた。

アヤソフィア問題が世界で大きな反響を呼んだことを振り返ったヴェルシーニン次官は、

「我々はこれがトルコの内政問題であるということから行動している。当然、我が国や他国はこれに干渉すべきではない」と話した。

ヴェルシーニン次官は、アヤソフィアが世界の文化及び文明の観点から重要であることに注意を促した。

国家評議会は7月10日に下した歴史的決定によりアヤソフィアをモスクから博物館に変更した1934年11月24日付の閣議決定を取り消し、続いて大統領令によりアヤソフィア・モスクは宗務局に移譲されている。

 

(2020年7月13日)



注目ニュース