エルドアン大統領 「トルコはこれまで、たたかわずして利益を手に入れたことはない」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、「トルコはこれまで、たたかわずして利益を手に入れたことはない」と表明した。

1449377
エルドアン大統領 「トルコはこれまで、たたかわずして利益を手に入れたことはない」

 


 

エルドアン大統領は、エネルギー天然資源省により稼働が開始された水力発電施設の開設式典にテレビ会議方式で参加した。

 

発電所はトルコにとって、まさに文明化の踏み切り板となったと表明したエルドアン大統領は、エネルギーがない国が文明化について語ることは不可能だと述べた。

 

「トルコはこれまで、たたかわずして利益を手に入れたことはない」と表明エルドアン大統領は、「トルコは、世界が自国に閉じこもっている時期に、投資、生産、雇用を支援することによって示した良い意味での分離により、ウイルスの流行に屈しないことを見せつけた。新型コロナウイルスの流行下で保健医療事業に寄り添い、ほぼあらゆる分野において投資を続けたトルコは、2023年の目標達成への決意を示した」と述べた。

 

エルドアン大統領は、民間部門は産業地帯だけでこの6か月間で100億リラ(日本の通貨で約1565億円)の投資により、583の新しい工場を完成させ、稼働を開始させたと述べた。

 

 

エルドアン大統領は演説で、EU(イー・ユー:欧州連合)についても触れた。

EUのトルコに対する態度を批判したエルドアン大統領は、「EUが透明性の問題がある国々をトルコの前に置くことによって行っているダブルスタンダードの裏にある意図は明白だ」と述べた。

 

 

エルドアン大統領は、「医療から経済、外交、治安にいたるあらゆる面で自らを信じている」と表明した。

 

 

 

(2020年7月5日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース