アカル国防相とギュレル参謀総長がリビアを訪問:エルドアン大統領が発言

フルシ・アカル国防大臣とヤシャル・ギュレル参謀総長が、リビアを訪問した。

1448419
アカル国防相とギュレル参謀総長がリビアを訪問:エルドアン大統領が発言
Akar.jpg
hulusi akar.jpg

アカル大臣とギュレル参謀総長は、覚書に定められた活動を視察するため、リビアを訪問した。

アカル大臣とギュレル参謀総長は、軍事式典の後、覚書の内容で設立された防衛安全協力・訓練支援顧問司令部に移動した。

この訪問に関して発表を行ったレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、

「リビアで正統性を有する政府と我が国の活動は、真剣に、かつ敢然と実施されなければならない。それが今行われる仕事だ。アカル大臣がリビアを訪問している。そこで行う活動により、リビアのプロセスをより一層近くから持続していきたい」と述べた。

昨日(7月2日)のカタール訪問に関してコメントしたエルドアン大統領は、

「カタール訪問は、新型コロナウイルス(COVID-19)後の初の外国訪問となった。地域諸国との間のあらゆるテーマを、カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長と話し合った」と語った。

 

(2020年7月3日)



注目ニュース