ウクライナ人の安心なバカンス先は今度もトルコ

トルコとウクライナの間で新型コロナウイルス(COVID-19)対策として停止されていたフライトが、再開された。

1446921
ウクライナ人の安心なバカンス先は今度もトルコ

ウクライナの都市ハリコフを出発したスカイアップ航空の飛行機が、189人を乗せてトルコ時間02:10にアンタルヤ国際空港に着陸した。

新型コロナウイルスにより厳重な措置が講じられている同空港に家族や友人とともに到着した観光客たちは、マスクをして飛行機から降り、サーマルカメラによる検査を通過した。

特定の地点に設置された消毒剤で手を消毒した観光客たちは、入国審査や荷物検査を終えた後に送迎バスに乗り、宿泊先のホテルに向かった。

一方、ヴィアチェスラフ・コメンコ駐アンタルヤ・ウクライナ総領事は、今やアンタルヤに観光客たちが訪れるようになり、暮らしが正常化していると語った。

全員がルールを守るよう要請したコメンコ総領事は、

「トルコは、新型コロナウイルスに向けて厳重な措置を講じてきた。観光客全員がこれらのルールを守るよう、要請する。ウクライナ人はアンタルヤが大好きだ。ウクライナから来る観光客の数は毎年20パーセント増えている。トルコの観光地はとても安全で、ホテルもとても上質だ」と述べた。

ウクライナ人は2か月半の間トルコを大いに懐かしがったと語ったコメンコ総領事は、

「最初の飛行機がアンタルヤに着陸した。今日はスカイアップ航空の飛行機6機のみがやって来る。他の航空会社や代理店の直行便やチャーター便も来始めている」と伝えた。

 

(2020年7月1日)



注目ニュース