トルコの国内観光が徐々に開始

海、砂、太陽だけでなく自然美、古代都市、湾でも際立っているアンタルヤ県にある多数のホテルで、国内便の開始と規制解除に伴って熱心な取り組みが行われた。

1436581
トルコの国内観光が徐々に開始

 

地中海観光ホテル業者・経営者協会のエルカン・ヤージュ会長は、国内観光の動きが始まった時期に突入しており、移動の禁止や規制が解除されて国内便が開始されたことは利点になっていると語った。

特に国内観光の動きは7月にさらに活発になると明かしたヤージュ会長は、

「国内市場での動きが始まり、予約が来ている。施設を開いたホテルもあるが、本当のホテルのオープンは6月16日以降活発になる」と述べた。

海外市場にとって最も重要な要素は国際便の開始であると強調したヤージュ会長は、

「これに関して観光向けにすべて準備ができている。フライト日程が決定して正式にオープンしたあとに国外観光分野で動きが始まると申すことができる」と述べた。

プロフェッショナル・ホテル経営者協会のウルカイ・アトマジャ会長も、ドイツの渡航禁止が解除されたあとに本当の混雑が始まると語った。

トルコに初の観光客が来るのはウクライナ、ベラルーシ、カザフスタンになると説明したアトマジャ会長は、

「国内市場で徐々に動きが始まった。旅行者もおり、施設も再開している。国外観光の活性化に対してはチャーター便の開始が必要である」と述べた。

 

(2020年6月15日)



注目ニュース