チェリキAKP報道官、ギリシャを批判

公正発展党(AKP)のオメル・チェリキ報道官は、ギリシャ当局はトルコのような大国とどのように話すべきかを学ぶ必要があると発言した。

1436684
チェリキAKP報道官、ギリシャを批判

 

チェリキ報道官は、昨日(6月15日)開催された同党の中央執行委員会会合の議題に関して見解を述べた。

東地中海とエーゲ海で発生している緊張に関するギリシャとキプロス島ギリシャ側の姿勢を批判したチェリキ報道官は次のように述べた。

「我々がエーゲ海と東地中海における平和の保証を明確に示す一方でギリシャまたはキプロス島ギリシャ側が常に妨害することは幼稚な病気だと見なしている」

チェリキ報道官は、ギリシャのある閣僚が同国の内政に関して「(トルコとの)戦争や(トルコに対する)軍事演習」に言及していると明かして次のように続けた。

「ギリシャの国防大臣またはその他は合理的に話すことを学ぶべきである。トルコのような大国とどのように話すべきかを学ぶべきである。我々が真剣に受け取って同様の対応をすれば大きな緊張を招くことになる」

 

(2020年6月16日)



注目ニュース