【ビンギョル県地震】 警備員が殉職

6月14日、トルコ東部ビンギョル県でマグニチュード5.7の地震が発生した。この地震で警備員が1人殉職した。

1436250
【ビンギョル県地震】 警備員が殉職

 

 

 

トルコ災害緊急事態管理庁が、トルコ時間の6月14日17時24分に、トルコ東部のビンギョル県カルルオワ区を震源とするマグニチュード5.7の地震が発生したと発表した。

 

この地震で警備員が1人殉職した。

 

この地震により、21人が病院に運ばれた。3人は退院したが、18人の治療現在も続けられている。

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、殉職した警備員の家族に電話をし、哀悼の意を表した。

 

エルドアン大統領は、地震の被害を受けた国民たちとも電話で話し、お見舞いを述べた。

 

フアト・オクタイ副大統領と、内務省のスレイマン・ソイル大臣、環境都市整備省のムラット・クルム大臣は被災地に向かった。

 

トルコ災害緊急事態管理庁からの発表によると、余震が続くビンギョル県で、トルコ時間の6月15日9時51分にカルルオワ区を震源とするマグニチュード5.6の地震が発生した。

 

 

 

(2020年6月15日 月曜日)

 

 

 

 



注目ニュース