エルドアン大統領 「トルコの救急病院は世界から参考にされるモデルとなる」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領の臨席のもと、イスタンブールのふたつの病院が開院した。

1426799
エルドアン大統領 「トルコの救急病院は世界から参考にされるモデルとなる」

 

 

 

5月31日、エルドアン大統領の臨席のもと、イスタンブールで、イエシルキョイ・ムラト・ディルメネル教授救急病院とイスマイル・ニヤージ・クルトゥルムシュ医師病院が開院した。

 

 

エルドアン大統領は、イスタンブールに建設されたイエシルキョイ・ムラト・ディルメネル教授救急病院の開院式で行った演説で「トルコは、備えている医療基盤と国民健康保険制度により、新型コロナウイルス流行のさなか、注目を集めている国である」と表明し、「ウイルスが流行している時期に、2か月を待たずに開院させた救急病院が参考にされるモデルとなると信じている」と述べた。

 

エルドアン大統領は、「世界の多くの国々で、臨時の野外病院やプレハブの病院をつくって問題を解決しようとしているが、我々は、ずっと短い期間で常設病院を建設することで問題を乗り越えることに成功した」と述べた。

 

「救急病院は我が国の誇りとなるだろう」と表明したエルドアン大統領は、「ありがたいことに、ここに追加したキャパシティが必要とされることなく、ウイルス流行の速度を落とした」と述べた。

 

エルドアン大統領は、最近開院した病院や救急病院は国外から診断や治療のためにトルコを訪れる人も受け入れると説明し、「我々は医療観光(メディカルツーリズム)において、非常に大きく飛躍している」と表明した。

 

 

12万5000平方メートルの敷地につくられたイエシルキョイ・ムラト・ディルメネル教授救急病院は、7万5000平方メートルの建物の中に最新技術の医療設備が備えられている。手術室は16室、ベッドは1008床ある。そのうち、集中治療用ベッドの数は432床。残りの576床は一般患者用ベッドだが、集中治療用ベッドに変えることが可能となっている。

 

 

 

 


エルドアン大統領はその後、イスマイル・ニヤージ・クルトゥルムシュ医師病院の開院式に出席した。

 

エルドアン大統領は、開院式で行った演説で、「歴史のかぐわしい香りが漂い、国民の癒しとなる場が創り出された」と述べた。

 

 

イスマイル・ニヤージ・クルトゥルムシュ医師病院は、オスマン帝国第34代皇帝のアブドゥルハミド2世の命により129年前にイスタンブールのハドゥムキョイ地区につくられた軍事病院を修復し開院した。

 

2万3000平方メートルの敷地内に4500平方メートルの建物がある。総ベッド数は101床。そのうち59床は集中治療用ベッドである。

 

 

 

(2020年5月31日 日曜日)

 

 

 



注目ニュース