【ラマザン2020】 エルドアン大統領が兵士たちに祝福の電話

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、トルコ共和国内務省のスレイマン・ソイル大臣と共にナマズ山基地エリアで断食明けの時間を過ごした兵士たちに、ラマザン(断食月)と来るラマザン・バイラム(断食明けの祭)の訪れを祝った。

1418826
【ラマザン2020】 エルドアン大統領が兵士たちに祝福の電話

 

 

 

内務省のスレイマン・ソイル大臣は、5月16日、トルコ南東部のシュルナク県を訪問した。

 

 

ソイル大臣と、同行した内務省のメフメト・エルソイ副大臣とトルコ軍警察のアリフ・チェティン総司令官とトルコ警察のメフメト・アクタシュ長官は、シュルナク県内にあるナマズ山(ナマズやま)基地エリアに向かった。

 

ナマズ山基地エリアでチャクルソウト軍警察旅団のアルペル・スル団長の歓迎を受けたソイル大臣と一行は、ナマズ山基地エリアにいる兵士たちと談笑した。

 

 

 

 

ソイル大臣と一行は、そこで兵士たちと断食明けの時間も過ごした。

 

 

 

 

ソイル大臣は、兵士たちと断食明けの時間を過ごしている際にエルドアン大統領と電話で話をし、シュルナク県訪問について報告した。

 

エルドアン大統領は、ソイル大臣の電話口から兵士たちに話をし、ラマザン(断食月)と来るラマザン・バイラム(断食明けの祭)の訪れを祝った。

 

 

 

(2020年5月17日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース