トルコがヘルスツーリズムで31か国を受け入れへ

トルコが、ヘルスツーリズムにおいて31か国を受け入れる。

1418597
トルコがヘルスツーリズムで31か国を受け入れへ

保健省が、新型コロナウイルス(COVID-19)流行下の正常化プロセスにおけるヘルスツーリズムの内容で、5月20日以降、31か国から来る患者を受け入れると明らかにした。

この国々が、イラク、リビア、アゼルバイジャン、ジョージア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、ギリシャ、ウクライナ、ロシア、ジブチ、アルジェリア、コソボ、マケドニア、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ルーマニア、セルビア、ブルガリア、モルドバ、ソマリア、クウェート、カタール、バーレーン、オマーン、ドイツ、イギリス、オランダ、パキスタン、キルギス、北キプロス・トルコ共和国であることが伝えられている。

整形外科、外傷科、一般外科、小児外科、泌尿器科、眼科疾患、心臓病学、心臓血管外科、外科腫瘍学、婦人科腫瘍学外科、内科腫瘍学、放射線腫瘍学、脳神経外科、血液学、集中治療および生殖療法、臓器移植および骨髄移植の分野で患者が受け入れられる。

受け入れられる患者は、国際医療サービス社の患者フォローシステムに登録され、事前承認のために必要な情報と文書が同社によって公表される。

患者1名につき最大2人の付添人がトルコへの入国を許可される。患者と付添人は、渡航、入国、移動、隔離などの条件で定められたルールに従う。

患者と付添人に空港と国境ゲートで有料で新型コロナウイルス(COVID-19)の検査が有料で行われるか、PCR検査のためにサンプルが採取される。

患者と付添人は渡航前に、自国で可能であれば、渡航前の最後の48時間内に行われ、陰性の結果が出た新型コロナウイルスPCR検査結果の文書を取得する。

 

(2020年5月16日)



注目ニュース