アルトゥン大統領府通信局局長、「献身的な成功を示しているトルコの医療従事者は世界の見本」

大統領府通信局のファフレッティン・アルトゥン局長が、新型コロナウイルス(COVID-19)との戦いで献身的な成功を示しているトルコの医療従事者は、世界の見本であると述べた。

1416002
アルトゥン大統領府通信局局長、「献身的な成功を示しているトルコの医療従事者は世界の見本」

アルトゥン局長は、ツイッターのアカウントから、イスタンブールにあるジェミル・タシュジュオール教授都市病院とスルタンガージー・ハセキ教育研究病院で新型コロナウイルスと戦う医療従事者と、治療を受けている患者たちのメッセージを載せたビデオをシェアした。

アルトゥン局長はシェアで、

「エルドアン大統領のビジョンとリーダーシップにより行われた我が国の医療システムへの投資の重要性を、今一層かみしめている。献身的な成功を示している我が国の医療従事者は、世界の見本である。我々の戦いは非常にうまくいっている。ただし、戦いはまだ終わってはいない」と述べた。

ビデオで、ウイルス流行に対する最初の準備が3月4日に始まったと述べた、ジェミル・タシュジュオール教授都市病院のハカン・ギュルブズ院長は、現在の活動について情報を伝え、

「ここは1550床の病床を持つ病院だ。一晩で181床分の集中治療物資を供給できるほど、大きな国家的支援を受け、その後は物資問題は一切起きなかった」と語っている。

ビデオで、新型コロナウイルスの患者と患者の近親者も、とても良いケアを受けていると述べており、医療従事者にお礼を言っている。

 

(2020年5月12日)



注目ニュース