【新型コロナウイルス】 パンデミック隔離追跡プロジェクトが実施へ

保健省は、新型コロナウイルス(Covid-19)感染症の減少と患者の隔離に向けて「パンデミック隔離追跡プロジェクト」を実現した。

1394202
【新型コロナウイルス】 パンデミック隔離追跡プロジェクトが実施へ

 

同プロジェクトは、法的権限の枠組みで必要な許可が取得され、保健省、情報技術通信機関庁、全GSMオペレーターの協力によって実施された。

プロジェクトの枠組みで、陽性の患者が自身及び近親者及び社会全治の健康のために必要な隔離規則を遵守しているかどうかを追跡することが計画されている。したがって、隔離中の人や地域の動きを監視することができ、感染症の拡大を予防するための分析を行うことができる。

新型コロナウイルスのリスクにより自宅で隔離が必要な人が家を離れれば電話に警告メッセージが届く。

自動通話技術を介してこの人物と即座に連絡が取られ、隔離されるべき場所に戻るよう求められる。

警告に従わず、違反を続ける者の状況は関係警察と共有され、必要な行政措置や制裁の適用が行われる。

検問を行う警察の班は個人の情報を尋問して隔離に違反しているかどうかを知ることができる。

プロジェクトの枠組みで得られた情報は、感染症対策以外の別の目的では一切使用されず、感染症のリスクが終息した日には破壊される。

データが別の目的で使用しないことは政府によって保証され、システムのセキュリティは厳しく管理される。

 

(2020年4月8日)



注目ニュース