パクデミルリ農業森林相、トルコの食料供給に関して発言

ベキル・パクデミルリ農業森林大臣は、トルコの食料供給の安全に関して問題はないと表明した。

1394203
パクデミルリ農業森林相、トルコの食料供給に関して発言

 

パクデミルリ大臣は発言で、トルコでは新型コロナウイルス(Covid-19)の症例が見られる前に一部措置が講じられていたと明かした。

トルコの食料供給の安全に問題はないと強調したパクデミルリ大臣は、

「我々は我が国で初めて新型コロナウイルス症例が見られる前に一部措置を講じていた。このうち最も重要なものは、今後発生する困難に備えて小売りチェーンを指揮することであった。このおかげでマーケットの在庫は十分で、棚はいっぱいの状態にある。これまでにも世界の数多くの国で発生したマーケットの光景は我が国では見られていない」と述べた。

パクデミルリ大臣は、強い農業森林インフラを構築するために過去17年間に数多くの取り組みを実現してきたと明かし、

「この枠組みで、農産物は645パーセント増の2750億トルコリラ(日本円で約4兆円)に増加した。3080億トルコリラ(日本円で約5兆円)相当の農業支援が行われた。ダムを565か所建設した。660万ヘクタールの農地を潅水可能にした。苗木450万本を植林した。種子生産を8倍に増やした。種子輸出を10倍に引き上げた。また、農業輸出180億ドル(日本円で約1兆9616億円)と貿易黒字53億ドル(日本円で約5776億円)により農業で純輸出国となった」と述べた。

 

(2020年4月8日)



注目ニュース