国防省から1か月間のテロ対策とト・露合同パトロールに関する声明

トルコ軍によるテロ対策の枠組みでこの1か月間に分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPG要員のテロリスト286人が無力状態にされた。

1377926
国防省から1か月間のテロ対策とト・露合同パトロールに関する声明

 

国防省からテロ対策に関して声明が出された。

これによると、シリアの平和の泉作戦実行地域でこの1か月間にテロリスト155人が無力状態にされた。

同じ時期にマンビジからユーフラテス川盾作戦実行地域に侵入を試みた37人、タッル・リファトからオリーブの枝作戦実行地域に侵入を試みた7人、国内外の作戦で87人のテロリストが無力状態にされた。

声明では、イドリブにあるトルコ監視地点の任務は継続中で、ここから重火器を撤去することは論外であると述べられた。

首都アンカラに滞在中のロシア軍事代表団と行われているイドリブ会談にも言及された声明では、この地域でトルコ・ロシア合同パトロールが3月15日に開始されることが強調された。

 

(2020年3月13日)



注目ニュース