【新型コロナウイルス】 トルコ外務省、中国渡航に関し警告

トルコ外務省が、トルコ国民に、やむを得ない場合を除いて中国への渡航を控えるよう伝えた。

【新型コロナウイルス】 トルコ外務省、中国渡航に関し警告

同省から出された声明で、中国の湖北省武漢市で発生した肺炎を引き起こす新型コロナウイルス(2019-nCoV)が、中国全土の人々の健康を脅かす規模に達したことに注意が促された。

新型コロナウイルスの感染者は増えつつあると述べられた声明で、

「トルコ国民に対し、やむを得ない場合を除いて中国への渡航を控え、中国に渡航した場合は湖北省をはじめ、感染者が多い地域から離れるよう、特に警告する」と伝えられた。

中国在住者と中国の他の地域にやむを得ず渡航するトルコ国民は、最大限の予防対策を講じるべきであると強調された声明で、在中国・トルコ大使館、香港、上海、広州の総領事館、中国および世界保健機関(WHO)の声明や警告を注視するよう要請された。

声明で、トルコ国民は緊急事態が発生した場合、総領事館コールセンターに+90 312 292 29 29、北京の在中国・トルコ大使館に+86 152 01 30 94 12、香港総領事館に+85 296 17 07 22、上海総領事館に+86 159 21 03 69 31、広州総領事館に+86 181 27 83 49 07の電話番号から連絡することができることが改めて伝えられた。

 

(2020年1月28日)



注目ニュース