アクソイ外務省報道官、エーゲ海諸島の非武装化に関して発言

外務省のハミ・アクソイ報道官が、トルコはエーゲ海諸島の非武装化に対する侵害を会談により解決することを望んでいるが、ギリシャはそれに応える代わりにトルコへの苦情を欧州連合(EU)に申し立てたと述べた。

アクソイ外務省報道官、エーゲ海諸島の非武装化に関して発言

アクソイ報道官は、エーゲ海諸島の非武装化に関する質問に答えた際に、非武装化は1960年代以降ギリシャに侵害されており、それはエーゲ海における相互の問題の一つにすぎないと振り返った。

アクソイ報道官は、ギリシャはトルコとともに問題を解決する代わりに、他の場所からの助力を求めていると述べ、

「ギリシャが重要などの問題においても第三諸国を利用して結果を得られると思っているなら、それは大きな勘違いだ」と語った。

アクソイ報道官は、ギリシャはエーゲ海諸島の非武装化について、国際条約に反する姿勢を長期にわたり取り続けてきたと注意を促した。

トルコが今までこの違法行為に対し必要な取り組みを行ってきたことを振り返ったアクソイ報道官は、問題の解決に向けた両国間の事前協議がギリシャの要望を受けて中断されたことを強調した。

 

(2020年1月25日)



注目ニュース