【テロ掃討】 シリアから逃走したテロリストが投降

シリアから逃走してきたテロリストが3人、トルコ南東部で投降した。

【テロ掃討】 シリアから逃走したテロリストが投降

 

 

 

トルコ共和国国防省から行われた発表によると、シリアの潜伏場所から逃走した分離主義テロ組織PKK(ペーカーカー)のシリアにおける派生組織YPG(イェーペーゲー)のテロリスト2人が、トルコ南東部シャンルウルファ県スルチ区の国境派出所に投降した。

 

 

さらに、分離主義テロ組織PKKで責任者級の立場にいたテロリストが、武器と無線機を手に軍警察に投降した。

 

治安筋から得られた情報によると、23歳のK.B.は、6年前にトルコ南東部のバトマン県からシャンルウルファ県スルチ区にさらわれた。

そこからシリアに連れて行かれたK.B.は、イデオロギー教育を受けた後、イラクにあるキャンプに送り込まれた。キャンプで武装訓練を受けたK.B.は、責任者級としてシリアに配置された。

テロ組織の真の顔を目の当たりにしたK.B.は、長い銃身の銃と無線機を持ったままシリアのキャンプから逃げ、シャンルウルファ県ビレジキ区で軍警察の職員のもとに投降した。

 

 

 

(2020年1月6日 月曜日)

 

 

 

 



注目ニュース