【東地中海】 エルドアン大統領 「ギリシャは手も足も出せなくなった」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、「ギリシャ、イスラエル、エジプト、キプロス島のギリシャ側は、我々の承認なしに、東地中海で活動できない」と表明した。

1320485
【東地中海】 エルドアン大統領 「ギリシャは手も足も出せなくなった」

 

 

 

 

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は昨日(12月9日)、TRT(テーレーテー:トルコ・ラジオ・テレビ協会)の特別番組に出演し、さまざまな問題についてコメントした。

 

エルドアン大統領は、トルコはリビアと結ばれた合意に基づいて国際法から生まれた権利を行使しているのだと表明し、「こうしてギリシャは手も足も出せなくなった。ギリシャが怒り狂っているのはこのことだ」と述べた。

 

エルドアン大統領は、「ギリシャ、イスラエル、エジプト、キプロス島のギリシャ側は、我々の承認なしに、東地中海で活動できない」と表明した。

 

「これまでずっと地中海の権利を侵害され奪われてきたが、これからはそうはならない。これからは我々も我々の権利を主張する」と表明したエルドアン大統領は、「掘削船をもう1隻入手する。地中海だけではない。黒海でも、さらには国際水域でもこの活動を行っていく」と述べた。

 

エルドアン大統領は、すべての沿岸諸国と交渉する用意はあり、公平な解決を呼びかけ続けていると述べた。

 

「トルコ軍はリビアに行くのか」と質問されたエルドアン大統領は、「リビアが望んだら、トルコは、この決定をトルコが自ら下す。誰の許しも求めない」と答えた。

 

 

 

(2019年12月10日 火曜日)

 

 

 

 



注目ニュース