エルドアン大統領がTRTに出演、東地中海について発言

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、「ギリシャ、イスラエル、エジプト、キプロス島ギリシャ側は、我々の承認を得ずに(東地中海で)活動することはできない」と語った。

エルドアン大統領がTRTに出演、東地中海について発言

 

エルドアン大統領は、トルコ・ラジオ・テレビ協会(TRT)共同放送に出演し、時事問題についての見解を述べ、質問に答えた。

エルドアン大統領は、トルコはリビアと結んだ合意により、東地中海で国際法に基づく権利を行使していると指摘し、

「こうして、ギリシャは手も足も出なくなった。ギリシャが憤慨しているのもこのことだ」と話した。

「(東地中海を)今日まで常に攻撃し、奪ってきた。今後はそうはいかない。もはや我々も自分の権利を守る」と話したエルドアン大統領は、

「掘削船をもう一隻送る。地中海だけではなく、黒海、さらには国際水域でもこの活動を続けていく」と明らかにした。

エルドアン大統領は、すべての沿岸諸国と交渉する準備ができており、公平な解決の努力を続けているとも述べた。

エルドアン大統領は、「トルコ軍はリビアに行くか」という質問に対し、

「リビアが望めばトルコはそれについて自ら決定する。我々は誰からも許可を得ない」と答えた。

 

(2019年12月9日)



注目ニュース