チャウショール外相、「ギリシャのトルコ系少数派の権利を守り続ける」

メヴリュト・チャウショール外務大臣が、アテネ条約とローザンヌ条約に基づくギリシャ在住のムスリム・トルコ系少数派の権利を守り続けると述べた。

1313044
チャウショール外相、「ギリシャのトルコ系少数派の権利を守り続ける」

チャウショール大臣は、アリ・エルバシュ宗務庁長官、ギュムルジネ(コモティニ)選出宗教指導者のイブラヒム・シェリフ氏、イスケチェ(クサンチ)選出宗教指導者のアフメト・メテ氏を外務省公邸で迎えた。

ヤヴズ・セリム・クラン外務副大臣も同席した会談についてツイッターから見解を述べたチャウショール大臣は、

「アテネ条約とローザンヌ条約に基づくギリシャ在住のムスリム・トルコ系少数派の権利を守り続ける。弾圧をものともしないシェリフ氏とメテ氏への我々の支援を改めて表明した」と語った。

 

(2019年11月26日)



注目ニュース