チャウショール外相、日本訪問

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、日本の茂木敏充外務大臣と日本の名古屋で会談した。

チャウショール外相、日本訪問

 

チャウショール大臣は、G20(20か国・地域)外相会議に出席するため訪問した名古屋で茂木大臣と会談した。

「日本は、戦略的パートナーかつ地域の大国であるトルコとの関係を非常に重視している」と述べた茂木大臣は、チャウショール大臣と二国間および地域的な事柄を取り上げたと語った。

チャウショール大臣も、大好きであり、両国関係を重視している日本を訪問できて光栄であると述べ、新任の茂木大臣の健闘を祈った。

トルコ・日本関係を茂木大臣と共に取り組んでさらに良い水準にしたいと強調したチャウショール大臣は、茂木大臣をトルコに招いた。

チャウショール大臣は会談に関してツイッター(Twitter)にも投稿し、

「トルコ首脳(レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領)の力強い意志を基に両国関係は発展している。戦略的関係をさらに強化して経済パートナーシップ協定をなるべく早く完成させることを目指している」と述べた。

またチャウショール大臣は、在名古屋・トルコ総領事館の開設式にも出席した。

名古屋で愛知県の大村秀章県知事とも会談したチャウショール大臣は会談に関してツイッターに投稿し、

「人口750万人で日本で4番目に大きな県である愛知県の県庁所在地名古屋にはトルコ国民が数千人いる。名古屋総領事館開設過程における支援および開設式で行われた誠実な演説に対して大村県知事に感謝する」と述べた。

名古屋訪問の枠組みでチャウショール大臣はまた、パラオのチャールズ・オビチャン・インフラ貿易大臣と航空輸送協定に署名した。

 

(2019年11月22日)



注目ニュース