アカル国防相、「米がF-35を売らなければトルコは他の道を模索」

国防省のフルシ・アカル大臣が、トルコはアメリカからF-35戦闘機を購入できなければ他の道を探ると述べた。

1311169
アカル国防相、「米がF-35を売らなければトルコは他の道を模索」

アカル大臣は、カタールに本部を置くテレビ局アルジャジーラの番組に出演し、質問に答えた。

アカル大臣は、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領がワシントンを訪れた際にドナルド・トランプ大統領と行った会談で、F-35戦闘機が議題に上ったことを振り返った。

トルコは計画のパートナーとして自らの責務をすべて果たしてきたと指摘したアカル大臣は、

「我々が自らの責務を果たすときに示している配慮を、アメリカをはじめとするパートナーも同様に示すことを期待する権利は我々にもある。それが我々の期待だ」と話した。

アカル大臣は、

「何らかの形でF-35を購入できなければ、もちろん当然のこととして我々も他の道を探ることになると、誰もが知っておくべきだ」と語った。

 

(2019年11月23日)



注目ニュース