ソイル内相、「独と蘭がDEASHメンバーの自国民を受け入れる」

スレイマン・ソイル内務大臣が、対テロ作戦が続いていると述べ、テロ組織DEASH(ISIL)の重要人物を最近またシリアで拘束したと伝えた。

1305728
ソイル内相、「独と蘭がDEASHメンバーの自国民を受け入れる」

ソイル大臣は、ヴァン県で開かれた「警護サービス国内訓練セミナー」で演説した。

演説で、ドイツとオランダが自国の国籍を持つDEASHメンバー、その家族、その子どもを受け入れると伝えたことを強調したソイル大臣は、

「他の国々からも、同様の協力、同様の緊密さ、同様の建設的な態度を期待している。そのためにテロとの戦いで共闘すれば、誰もがテロリストを自国に受け入れる。我々は誰のテロリストのテントでもなく、ゲストハウスでもない」と語った。

テロとの戦いの過程でDEASHの重要人物を最近シリアで拘束したことを強調したソイル大臣は、このテロリストの尋問が続いていると述べた。

フェトフッラー派テロ組織(フェト)との戦いにも触れたソイル大臣は、

「フェトとの戦いも同様に敢然と続いている。このフェト問題を根底まで突き詰めるまで、誰が何と言おうと諦めない。フェトに対し、今後非常に重要な作戦をしかける。仲間たちが準備を整えているところだ」と伝えた。

 

(2019年11月13日)



注目ニュース