オクタイ副大統領、トルコ・カザフスタン・ビジネスフォーラムで演説

フアト・オクタイ副大統領が、カザフスタンとの貿易額を100億ドル(約1兆935億円)に引き上げる決意があると述べた。

1303657
オクタイ副大統領、トルコ・カザフスタン・ビジネスフォーラムで演説

オクタイ副大統領は、イスタンブールで開催されたトルコ・カザフスタン・ビジネスフォーラムで演説し、中央アジアをカスピ海を通じて国際市場に結びつける観点からカザフスタンは戦略的な位置にあると述べ、

「両国間の友好関係と兄弟関係の絆が経済を土台に強化され、さらに高いレベルに至ることを完全に信じている」と語った。

トルコは世界で17番目、アジアで6番目の経済大国であることを指摘したオクタイ副大統領は、次のように言葉を続けた。

「トルコ経済は、貿易戦争、制裁、世界経済の不透明性にもかかわらず、国際的な協力や輸出を拡大し、貿易関係を強化し続けている」

オクタイ副大統領は、短期間で発展し、安定や利益をもたらしたことで称賛を受けるカザフスタンも、ユーラシア地域の最強の国の1つとなったと述べた。

オクタイ副大統領は、カスピ海と黒海沿岸で相互を補完する国々として協力を拡大し、共闘を続けることに関して完全に意見を一致させたということに注意を促した。

オクタイ副大統領は、歴史あるシルクロードを活性化させるバクー・トビリシ・ジェイハン石油パイプラインにより、カスピ海の石油が国際市場に届けられていることも喜ばしいことだと、言葉を補足した。

 

(2019年11月10日)



注目ニュース