シリア・平和の泉作戦エリアでYPGが攻撃 兵士5人負傷

平和の泉作戦のエリア内のラス・アルアイン地区で、分離主義テロ組織PKK(ペーカーカー)のシリアにおける派生組織YPG(イェーペーゲー)のテロリストの攻撃を受けた5人の兵士が負傷した。

シリア・平和の泉作戦エリアでYPGが攻撃 兵士5人負傷

 

 

 

5人の兵士の負傷は、トルコ共和国国防省が発表した。

それによると、平和の泉作戦のエリア内のラス・アルアイン地区で偵察・監視作業をしていた兵士たちを、分離主義テロ組織YPGが、ドローン、迫撃砲、小火器で攻撃し、5人が負傷した。

発表で、自衛権の範囲内ですべき報復が行われたことが表明された。

 

併せて、「トルコ軍は平和の泉作戦のエリア内で、偵察・監視作業、麻薬および手製爆発物の除去作業を続けている。この件に関してメディアで伝えられている情報は事実を反映していない。自衛権の範囲内で実行される活動は我が軍の安全を確保するためのものである」と表明された。

 

 

 

(2019年10月24日 木曜日)

 

 

 

 



注目ニュース