平和の泉作戦

目的は平穏
標的はテロ

【平和の泉作戦】 テロ組織の拠点を空爆

10月9日に開始された平和の泉作戦で、トルコの戦闘機がユーフラテス川の東側地域にいる分離主義テロ組織PKK(ペーカーカー)のシリアにおける派生組織YPG(イェーペーゲー)の拠点を破壊した。

【平和の泉作戦】 テロ組織の拠点を空爆

 

 

 

トルコ軍の戦闘機は10月9日、分離主義テロ組織YPGが占領しているエリアの約30キロ内部にまで入った。

 

エリア内の村にあるテロ組織の拠点が、戦闘機により爆撃された。

 

トルコ軍砲撃隊も、トルコ南東部シャンルウルファ県アクチャカレ区の向かい側にあるシリア領土のテル・アブヤドで、テロ組織の拠点を榴弾砲の標的にしている。

 

 

 

 

 

 

「平和の泉作戦調整会議」開催

 

10月9日、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領の議長のもと、「平和の泉作戦調整会議」が行われた。

会議で、平和の泉作戦について、あらゆる角度から話し合われた。

 

 

 

(2019年10月10日)

 

 

 

 



注目ニュース