ロシアでトルコ人の匠が作るお菓子に大きな関心

ロシアの首都モスクワで、ギネスブックに登録されているトルコ人の匠が作るトルコのお菓子が大きな関心を呼んだ。

ロシアでトルコ人の匠が作るお菓子に大きな関心

昨年500キログラムのバクラヴァを作り、ギネスブックに登録されたマフムト・ドルマジュさんは、クロックス・エキスポ会場で開催された第22回蚤の市でトルコのお菓子を作った。

バクラヴァからキュネフェまで、作ったお菓子で人々の大きな関心を集めたドルマジュさんは、お菓子の作り方も訪問者に教えた。

ドルマジュさんは、ロシア人にトルコ文化を紹介していると述べ、

「ロシア人は私たちが作ったお菓子を好んで食べてくれた。私たちがロシア人のお菓子の習慣を変えたと思う。なぜならトルコのお菓子は本当に美味しいからだ」と話した。

ドルマジュさんは、ロシア人がトルコのお菓子を気に入って立ったまま拍手してくれたのでとても嬉しいと述べた。

実演を披露すればにロシア人がトルコのお菓子にもっと興味を持ってくれると信じていると述べたドルマジュさんは、

「私たちはロシアでとても大きな関心を呼び起こした。ロシア人たちは写真を撮るために列を作った。みんな私たちのお菓子をこの上なく気に入ってくれた。トルコの名のもとに幸せだ」と語った。

 

(2019年10月9日)



注目ニュース