【速報】 平和の泉作戦、開始

ついに、シリア北部で「平和の泉作戦」が開始された。

【速報】 平和の泉作戦、開始

 

 

 

トルコ軍が10月9日、シリア北部で分離主義テロ組織PKK(ペーカーカー)のシリアにおける派生組織YPG

(イェーペーゲー)とテロ組織DEASH(デアッシュ)に対し、平和の泉作戦を開始した。

 

 

 

 

 

作戦が開始されたことは、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、ツイッター(Twitter)で告げた。

 

 

 

 

エルドアン大統領は、トルコ語と英語とアラビア語で「平和の泉作戦」のタグを付けて投稿したツイートで、「我がトルコ軍はシリア国民軍と共に、シリアの北部で分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPGとテロ組織DEASHに対し、『平和の泉作戦』を開始した」と発表した。

 

作戦の目的は、トルコの南側の国境につくられかけようとしているテロの回廊を破壊し、地域に平和と平穏をもたらすことにあると強く表明したエルドアン大統領は、「平和作戦により、我が国へのテロの脅威を排除する」と述べた。

 

エルドアン大統領は、作戦により設置される安全地帯のおかげで、シリアの難民たちが国に戻ることができると説明し、「平和の泉作戦により、シリアの領土の一体性を守り、すべての地域の住民をテロのしがらみから解放する」と述べた。

 

エルドアン大統領は、トルコ軍とシリア国民軍の作戦での成功を願った。

 

 

エルドアン大統領は、平和の泉作戦が開始されたことを、共和人民党のケマル・クルチダロール党首、民族主義者行動党のデヴレト・バフチェリ党首、「いい政党」のメラル・アクシェネル党首に電話で伝えた。

 

 

 

トルコ共和国国防省は、平和の泉作戦が開始されたことについて、インターネットサイトで、「我が国の国境の安全を守り、国境の南側でテロの回廊がつくられるのを阻止し、テロ組織DEASHおよび分離主義テロ組織PKKとその派生組織(KCK、PYD、YPG)をはじめ、国の安全を脅かすテロ組織とテロリストを無力状態にし、住処を追われたシリアの人々が家や故郷に戻るのに適した条件をもたらすために、トルコ時間の16時に平和の泉作戦を開始した」と発表した。

 

トルコ共和国国防省は、トルコ時間の14時より、作戦に関する情報を、アメリカ、ロシア、イタリア、NATO(北大西洋条約機構)事務総局、国連事務総局に伝えた。

 

 

 

トルコ共和国外務省は、国連安全保障理事会の常任理事国5か国(アメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランス)の特命全権大使を、作戦に関する説明をするために外務省に呼んだと発表した。

 

 

 

 

 

 

「平和の泉作戦」、作戦開始の瞬間

 

エルドアン大統領がトルコ共和国国防省のフルシ・アカル大臣の説明を受け、平和の泉作戦の開始命令を出した瞬間の映像と写真が、トルコ共和国大統領府のツイッター(Twitter)のアカウントで公開された。

 

 

 

 

 

(2019年10月9日 水曜日)

 

 

 

 

 



注目ニュース