エルドアン大統領、国連気候行動サミットで発言

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコは再生可能エネルギー面で地域を先導する地位にあると発言した。

エルドアン大統領、国連気候行動サミットで発言

 

エルドアン大統領は、アメリカのニューヨークで第74回国連総会の枠組みで開催された気候行動サミットで発言した。

エルドアン大統領は、「われわれは森林面積を増やしている数少ない諸国の1つである。過去17年間に400万本以上の植林を行った。11月11日に1100万本の植林をさらに行う」と話した。

トルコが再生可能エネルギーで地域を先導する国の地位にあることを強調したエルドアン大統領は、電力の30パーセント以上が再生可能エネルギーによってまかなわれていることを強調した。

エルドアン大統領は、トルコでポリ袋の使用率が4分の3減少したことも発言に付け加えた。

「わが国全土で廃棄物管理、気候に優しい技術およびエネルギー源の使用に関して大きな進歩を遂げた」と述べたエルドアン大統領は、

「発展の目標をあきらめることなく、気候変動に適した災害に強い政策を実現している」と発言した。

 

(2019年9月24日)



注目ニュース