エルドアン大統領、国産ピックアップトラックを運転

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、テクノフェスト(TEKNOFEST)イスタンブール航空宇宙技術見本市(テクノフェスト・イスタンブール)で初めて展示されたBMCの国産ピックアップトラックを運転した。

エルドアン大統領、国産ピックアップトラックを運転

関係者からこの車に関する情報を得たエルドアン大統領は、その後運転席に移った。車の中で視察を続けたエルドアン大統領は、しばらく車を運転し、その後車に署名した。

BMC取締役会会員のタハ・ヤシン・オズテュルク氏は発表を行い、エルドアン大統領が車を見られるよう、展示領域から出る地点まで車を移動させたと述べた。

オズテュルク氏は、「トゥルガ」という言葉は兵士が身を守るために頭に被るヘルメットを指すと述べ、「この車も装甲車と兵士を守るために作られた。なのでトゥルガという名前にした」と話した。

合計7バージョンの車を製造すると述べたオズテュルク氏は、1月までにそれらのバージョンを製造し終えることが目標だと伝えた。オズテュルク氏は、「おそらく、1月にすべての車の販売促進を始める。ピックアップトラックの量産開始は1月になると思う。何か問題が起きれば1月ではなく2月、3月になるが、その時期以降、量産を開始する」と伝えた。

 

(2019年9月21日)



注目ニュース