ディヤルバクルのテロ攻撃、5人が逮捕

ディヤルバクル県クルプ区で発生したテロ攻撃に関して5人が逮捕された。

ディヤルバクルのテロ攻撃、5人が逮捕

 

ディヤルバクル県クルプ区にあるアーチコルル村地点で9月12日に薪を集めに行った住民が乗った車両に分離主義テロ組織PKKメンバーのテロリストによって手製爆発物を使った攻撃が行われて7人が死亡、10人が負傷したが、この事件に関する捜査が続けられている。

捜査の枠組みで区警察署テロ対策課の班によってある住所に行われた作戦で、逮捕状が出されていた女1人が身柄を拘束された。

女と、以前身柄を拘束されていた国民の民主主義党(HDP)出身のクルプ区区長メフメト・ファーティヒ・タシュ、国民の民主主義党区代表のアビディン・カラマン、クルプ区役所土木課課長のシェネル・アクタシュ、メフメト・エミン・アイが警察署での手続きを経て裁判所に移送された。

検察庁での供述後に出された逮捕請求によって夜間治安裁判所に出廷させられた容疑者5人は逮捕された。

クルプ区役所の車両が攻撃が行われた場所で爆発の少し前に目撃されたとする主張と目撃証言を受けて、事件後に警察の班によってクルプ区役所と国民の民主主義党クルプ区本部に捜索が行われ、カメラ記録と一部書類が押収されている。

 

(2019年9月17日)



注目ニュース