S-400地対空ミサイルシステムの2つ目の砲台の搬入が完了

国防省から8月27日に開始されたS-400地対空ミサイルシステムの2つ目の砲台の材料の搬入が完了した。

S-400地対空ミサイルシステムの2つ目の砲台の搬入が完了

 

同省から出された声明で、トルコの航空およびミサイルの需要を満たすためのS-400地対空ミサイルシステムの供給契約が2017年4月11日にロシア連邦と署名され、契約の枠組みで同システムの1つ目の砲台の材料の搬入が7月12-25日に完了したことが振り返られた。

声明では、8月27日に開始された2つ目の砲台の材料のアンカラ・ムルテド離着陸場への搬入も9月15日に完了したと伝えられた。

同システムの組み立て作業とユーザー職員の訓練が続けられていると明かされた声明では、同システムは2020年4月に稼働予定であると述べられた。

 

(2019年9月15日)



注目ニュース