アカル国防相とエスパー米国防長官が電話で会談

フルシ・アカル国防大臣は、アメリカのマーク・エスパー国防長官と電話で会談した。

アカル国防相とエスパー米国防長官が電話で会談

 

国防省から書面で出された発表によると、会談でアカル大臣はシリアのユーフラテス川東部に設立が計画されている安全地帯に関して「既知の見解と期待」に言及し、当該の地帯は日程で定められた原則の枠組みで時間を浪費することなく設立される必要があると強調した。

アカル大臣とエスパー長官は、安全地帯の設立に関する計画の第1段階が8月21日から開始されることで合意した。

会談では、計画の今後の段階を取り上げる目的で軍事代表団がなるべく早く首都アンカラで再び会談することが決定された。

 

(2019年8月22日)



注目ニュース