外務省が日本に弔意、天野IAEA事務局長の死去を受けて

トルコは、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長の死去により日本に哀悼の意を表明した。

外務省が日本に弔意、天野IAEA事務局長の死去を受けて

 

外務省から書面で出された声明では、

「在任中、わが国と密接な協力を続けてきた天野事務局長の死去により、近親者、日本政府、国際原子力機関関係者に哀悼の意を表す」と述べられた。

国際原子力機関で10年間事務局長を務めた日本の外交官天野氏は、72歳で死去している。

2009年に就任した天野氏は、3期にわたる在任中、特にイランの核活動をはじめ、北朝鮮の核プログラム、日本で2011年に発生した福島原子力発電所災害といった重要な試練に直面した。

 

(2019年7月23日)



注目ニュース